learn-portal-学ぶ
explore-portal-検す
evaluate-portal-検証
discover-portal-active-発見
build-portal-構築する
consider-portal-ご検討ください

発見

ユニバーサルによる革新

埋め込み型PC

埋め込み型PCオプションを使用すると、ホストコンピューターがなくてもXLSレーザーシステムを操作および監視できます。これにより、レーザーシステムをホストコンピューターから独立して操作することができるため、お客様にとって以下のような利点があります。

レーザーシステム構成およびジョブ監視

埋め込み型PCオプションを使用すると、ユーザーは、XLSレーザーシステムの集中管理および分散管理の両方を行うことができます。この機能によって、イーサネットまたはWiFiで、レーザーシステムマネージャー(LSM)経由でXLSレーザーシステムに接続できます。制御の接続形態および埋め込み型PCオプションを使用したXLSレーザーシステムの監視は、柔軟性に優れています。単独ユーザーが多数のXLSレーザーシステムにインターフェイス接続する集中管理モデルから、多数のユーザーが単一XLSレーザーシステムにインターフェイス接続する分散型モデルまで、さまざまな接続形態があります。埋め込み型PCはXLSレーザーシステムの全機能を直接制御することで、リモートリンク上で交換される情報量を最低限に抑え、埋め込み型PC XLSレーザーシステムのあらゆる動作を中央制御点からリアルタイムで監視し、ジョブ選択、ジョブのパラメータ、ジョブ制御を含む全機能をリアルタイムに制御します。印刷および直接インポートも、リモートリンクでサポートされます。

内蔵PC

オペレーター相互作用の制限および加工の一貫性の促進

多くの組織では、加工の一貫性を維持するために、機械操作とプロセス管理を分けることが最適です。埋め込み型PCオプションは、XLSシステムを使用したレーザー加工のオペレーターとプロセス管理者の仕事を分けることにより、加工の一貫性を促進します。オペレーターは、プロセスパラメーターを気にすることなくレーザーシステムの操作に集中でき、プロセス管理者は、ローカルエリアネットワークや全社に接続されているXLSシステムのあらゆる動作をリモートで監視および制御できます。

レーザーシステムの操作整合性の確保

最適な性能を確保するために、XLSレーザーシステムの制御には相当な計算資源が必要です。埋め込み型PCオプションは、ホストコンピューターが、画像の3次元化、CAM、有限要素解析などのCPU集約型タスクに使用される必要がある場合の 包括的ソリューションです。埋め込み型PCがXLS制御タスクを100%引き受け、ホストコンピューターを負荷から完全に解放し、XLSレーザーシステムの操作整合性に影響を与えることなく、必要に応じてシステムに不可欠なタスクを実行できます。