learn-portal-学ぶ
explore-portal-検す
evaluate-portal-検証
discover-portal-発見
build-portal-構築する
consider-portal-ご検討ください

フォトポリマー

フォトポリマーの概要

感光性樹脂、感光性ポリマー、またはフォトレジスターとも呼ばれるフォトポリマーは、モノマー、オリゴマー、ポリマー、個々の加工に固有のその他の添加剤を含む、さまざまな組成で作られています。ほとんどのフォトポリマーのレーザー加工は、9.3または10.6ミクロンのCO2レーザーを使用して行うことができます。フォトポリマーの組成にはかなりのばらつきがあるため、1.06ミクロンのファイバーレーザーの吸収はフォトポリマーによって異なります。9.3または10.6ミクロンのCO2レーザーでフォトポリマーをレーザー切断すると、きれいなエッジの切断面になります。どちらの波長を使用しても、品質に大きな差はありません。CO2レーザーでフォトポリマーをレーザー彫刻すると、表面がきれいに仕上がり、彫刻の深さを精密に制御できます。フォトポリマーの中には、1.06ミクロンのファイバーレーザーを使用してレーザーマーキングできるものもあります。レーザーマーキングを行うと、材料の表面に少し浮き上がった黒いマークが形成されます。CO2レーザーでフォトポリマーをレーザーマーキングしてもコントラストの強いマークは形成されないため、この加工はお勧めできません。

フォトポリマーに適用可能なレーザー加工

レーザー切断
レーザーマーキング
レーザー彫刻