learn-portal-学ぶ
explore-portal-検す
evaluate-portal-検証
discover-portal-発見
build-portal-構築する
consider-portal-ご検討ください

地金

地金の概要

金属とは、単一元素または合金と呼ばれる元素の混合物のいずれかで構成される無機結晶物質です。一般的な金属および金属合金には、アルミニウム、銅、ニッケル、鋼鉄、真鍮、銀、チタンなどがあります。地金は、1.06ミクロンのファイバーレーザーを使用することで簡単に加工できます。それほど多くはありませんが、金属の中には、10.6または9.3ミクロンのCO2レーザー波長を吸収するものがあります。金属のレーザーマーキングを行う最も簡単な方法は、1.06ミクロンのファイバーレーザーを使用して表面を加熱することです。これにより、大気中で酸化が起こり、永久マークが形成されます。金属によっては、表面を粗面化して明るいマークを作成する加工を追加することもできます。金属のレーザー彫刻は、彫りに深さを出すための反復パスを備えたファイバーレーザーで行います。通常、ファイバーレーザーによる金属のレーザー彫刻は粗く酸化するため、外観の明るさは加工する材料によって明るいものから暗いものまで多岐にわたる可能性があります。ファイバーレーザーを使用して金属をレーザー切断することができます。また、10.6または9.3ミクロンのCO2レーザーとハイパワー高密度集積(HPDFO™)レンズを使用することで、鉄系材料(鉄を含む)およびチタンのレーザーマーキングも行うことができます。高密度レンズを使用すると、効率的に吸収されないCO2レーザーエネルギーで金属の表面を加熱できるようになります。これにより大気中で酸化が起こり、永久マークが形成されます。

地金に適用可能なレーザー加工

レーザーマーキング
レーザー彫刻