learn-portal-学ぶ
explore-portal-検す
evaluate-portal-検証
discover-portal-発見
build-portal-構築する
consider-portal-ご検討ください

木材の概要

木材は、セルロース、ヘミセルロース、およびリグニンで構成される有機材料です。代表的な堅木と軟木には、サクラ、カエデ、クルミ、ハンノキ、カバノキ、バルサ、マツ、チーク、鉄樹などがあります。一般に、木材はレーザー加工に最適な材料であると考えられています。実際、「レーザーカッター」は木材に最適だと考える人もいます。しかし、木材のレーザー加工はこれよりはるかに多様性があります。木材のレーザー加工は、9.3または10.6ミクロンのCO2レーザーで行うことができ、加工品質に大きな差はありません。木材は1.06ミクロンのファイバーレーザーのエネルギーをすぐに吸収しないため、この波長での加工にはお勧めできません。CO2レーザーで木材をレーザー切断すると、やや黒ずんだ角張ったカットエッジになります。CO2レーザーで木材をレーザー彫刻すると、深さのある彫刻になります。レーザー彫刻機として使用するユニバーサル製プラットフォームによって、使用する加工と特定の材料に応じて、材料の周りに少し色のコントラストができる場合もあれば、材料にコントラストの強い黒い部分ができる場合もあります。

木材に適用可能なレーザー加工

レーザー切断
レーザーマーキング
レーザー彫刻