learn-portal-学ぶ
explore-portal-検す
evaluate-portal-検証
discover-portal-発見
build-portal-構築する
consider-portal-ご検討ください

金属フォーム

金属フォームの概要

金属フォームは、オープンセルまたはクローズドセルフォームの多孔質気泡構造です。一般的に、アルミニウムで構成されますが、銅、ニッケル、鉄を含むその他の金属で生産されることもあります。金属フォームのレーザー加工は、9.3または10.6ミクロンのCO2レーザーまたは1.06ミクロンのファイバーレーザーを使用して行うことができます。1.06ミクロンのファイバーレーザーを使用して金属フォームをレーザー彫刻すると、多少の深さがあるマークが形成されます。明るさは、加工する基板に応じて変わる可能性があります。1.06ミクロンのファイバーレーザーは、金属フォームのレーザーマーキングにも使用でき、材料組成に応じて、表面がアニーリングまたは酸化することにより、黒いマークが形成されます。CO2レーザーおよびHPDFO®レンズを使用して金属フォームをレーザーマーキングすると、材料の表面にはっきりとした黒いマークが形成されます。金属フォームのレーザー切断は、9.3、10.6、または1.06ミクロンの波長ではお勧めできません。

金属フォームに適用可能なレーザー加工

レーザーマーキング
レーザー彫刻