learn-portal-学ぶ
explore-portal-検す
evaluate-portal-検証
discover-portal-発見
build-portal-構築する
consider-portal-ご検討ください

STAHLS'®材料

STAHLS'®の概要

STAHLS'®では、CAD-CUT®フィルムという商品名でさまざまな熱プレス材料を提供しています。STAHLS'® CAD-CUT®フィルムは、透明なプラスチックキャリア層を持つメインの伝熱材料として、ポリウレタン(PU)で構成されています。STAHLS'® CAD-CUT®材料は、Thermo-FILM、Fashion-FILM、Fashion-FILM Electric、Premium Plus、SportFilm Lite、Flock、Glitter Flake、3M Scotchlite 5807、Hologram、Thermo-GRIP®、GORILLA GIRP® II、Perma-TWILL®、およびPoly-TWILLといった特定の製品名で呼ばれることもあります。STAHLS'® CAD-CUT®材料のレーザー加工は、9.3または10.6ミクロンのCO2レーザーで行うことができます。ただし、9.3ミクロンのCO2レーザーを使用すると、10.6ミクロンのCO2レーザーと比べて、はるかに優れたディテールとシャープさを備えた仕上がりになります。STAHLS'® CAD-CUT®材料は1.06ミクロンのファイバーレーザーではで生成されたエネルギーをすぐに吸収しないため、この波長でのレーザー加工はお勧めできません。9.3ミクロンのCO2レーザーでSTAHLS'® CAD-CUT®材料をレーザー彫刻すると、プラスチックキャリアからPU材料が完全に除去され、目的の表面に熱伝導可能なディテールの細かいデザインが残ります。9.3ミクロンのCO2レーザーでSTAHLS'® CAD-CUT®材料をレーザー切断すると、変色や熱の影響を最小限に抑えたきれいなカットエッジになります。CO2レーザーでSTAHLS'® CAD-CUT®材料をレーザーマーキングすると、フィルムの表面にわずかにマーキングできますが、この加工は材料の用途に合っていないためお勧めできません。

STAHLS'®材料に適用可能なレーザー加工

レーザー切断
レーザーマーキング
レーザー彫刻