learn-portal-学ぶ
explore-portal-検す
evaluate-portal-検証
discover-portal-発見
build-portal-構築する
consider-portal-ご検討ください

ULTRA X6000

  • Ultra 9 Front with Lights
  • Ultra 9 Back with Open Top
  • Ultra 9 Table Closeup
  • Ultra 9 Front View
Ultra X6000 Line Drawings with Dimensions

ULTRA X6000の仕様

プラットフォームの概要

ULTRA X6000プラットフォームは、可能な限り幅広い材料に対応したレーザー材料加工を提供します。ULTRA X6000は、製造、研究開発、学術研究、プロトタイプ環境における精密材料加工用に設計されており、これらの用途に最適となっています。独自のモジュール構造によってカスタマイズ可能なソリューションは、性能、容量、安全性を向上させるための多様なオプションを備え、現在そして将来のビジネスニーズを満たす完璧なソリューションです。

このULTRA X6000プラットフォームは、厚さ305 mmまでの材質に対応する914 x 610 mmの材料加工袋を備えています。

2つの交換可能なCO2レーザーと1つのファイバーレーザーを備えたカスタマイズ可能なULTRA X6000プラットフォームを構成します。このプラットフォームが3つのレーザーで構成されている場合、1つの同軸ビームに同時に9.3µm、10.6µm、1.06µmという最大3つの波長に組み合わせることができるMultiWave Hybrid™テクノロジーを利用することができます。それぞれのビーム分光部品は個別に制御され、リアルタイムで変調することができます。

主な機能には、高速、高精度レーザービーム位置決め、オートフォーカスによる精密フォーカス、調整可能レーザー出力密度、オートメーションインターフェイス、カメラ登録、統合タッチスクリーンユーザーインターフェイス、火災検知と発火抑止のサポートなどがあります。

プラットフォーム仕様

ULTRA X6000
加工エリア914 x 610 mm
最大材料厚さ305 mm
キャリッジ移動距離25.4 mm
オートフォーカスの範囲305 mm
オートフォーカスの精度+/-.0025(63.5ミクロン)
ビーム位置決め高速化>5G
ビーム位置決め速度>7620 mm/秒
パスデザインリアルタイムのパスデザイン最適化
最小アドレス指定可能なビーム位置決め2 µm
ビーム伝達系の精度25 µm
CO2レーザーの選択可能なパワー密度係数4X(標準)、1X/13X(オプション)
ファイバーパワー密度係数52X4
対応レーザー数3
利用可能な波長1.06、9.3および10.6 µm
最大レーザー出力150ワットCO2(9.3または10.6 µm)
50ワットファイバー(1.06 µm)
レーザー出力制御エンコーダベースのプログラマブル
システム冷却空冷
外部接続イーサネットまたはWIFI WindowsTM/macOSTM/LinuxTM/AndroidTM/iOSTM(ブラウザーベース)
操作パネル533 mmタッチスクリーンインターフェイス
ソフトウェアインターフェイスファイル形式:PDF、DXF、Gコード
インテリジェント材料データベース
デザインファイル管理
デザインファイル見積り機能
デザインファイル再配置および複製
プロセス管理プログラミング
本体サイズ幅:1651 mm(操作パネル折りたたみ時)
幅:2229 mm(操作パネル拡張時)
奥行:1272 mm
高さ:1211 mm
重量550ポンド(250 Kg)
電力要件220~240V/20A
排気要件152.4mm静圧で700 CFM(1.5 kPaで1,190 m3/hr)のUAC 4000空気清浄機または外部排気ブロワー
安全性材料加工用レーザーのクラス1(1.06、9.3、10.6 µm)
クラス2 調整レーザー(670 µm)
を含む オプションの特許取得済みクラス4の変換モジュールによるクラス4操作に変換(特許番号7,723,638)

付属アクセサリー

ellipseガスアシストellipse
材料衝突検出機能付きコンピューター制御同軸ガスアシスト

ガスアシストは、圧縮空気と窒素などの他の不燃性の支持ガスとを切り替えるようにプログラムすることができます。ユーザーは、デザインファイル内でプロセスごとにガスタイプの使用および流量レベルをプログラムすることができます。

キャリッジの同軸ガスフィッティングには材料の衝突検出が組み込まれており、横方向の衝突や垂直方向の衝突の自動検出の場合には、フィッティングが外れるように設計されています。衝突が検出されると加工が停止されるため、安全性が向上します。この機能は、材料、固定具、およびキャリッジの間の衝突により、加工材料およびレーザーシステムに対する損傷の可能性を低減します。

ガスアシストは、レーザー加工の副生成物(煙および煙霧)を材料から除去し、材料を冷却し、材料とのレーザーエネルギーの相互作用点でガス成分比を変化させることによりレーザー処理中の酸化反応を増加または減少させ、様々なレーザー加工アプリケーションの結果を向上させます。

ellipse生産性エンハンサーellipse
オートメーションインターフェイス

オートメーションインターフェイスを使用することで、ユニバーサルのレーザーシステムをオートメーション生産環境に組み込むことができます。プログラム可能な入力とイベント駆動型の出力が強力なユーザーインターフェイスと組み合わさり、多様なオートメーション用途にレーザーシステムをシームレスに応用できます。

利点

Benefits

  • 外部レーザーシステムの包括的な制御プログラム可能な入力を使用し、最大8つの異なるレーザーシステム機能を開始します。
  • 外部機器をレーザー材料加工に統合イベント駆動型のプログラム可能な出力を使用し、2つまでの外部機器をコントロールまたはシグナル伝達します。
カメラ登録

ビーム伝達キャリッジに統合された高解像度カメラは、加工領域全体でレーザーシステムのキャリブレーションおよび材料のカメラ登録を可能にします。キャリブレーションはレーザーシステムの精度を向上させます。カメラ登録により、デザインファイルを自動的に平行移動、拡大縮小、傾斜させて、材料の表面にある既存の形状に正しく合わせることができます。カメラ登録マークと材料のその他の機能を使用できます。

ellipseソフトウェアellipse
直接ファイルインポート

標準プリントドライバーに加えて、ユニバーサルでは、レーザーシステム制御ソフトウェアに直接特定タイプのファイルをインポートできる、直接ファイルインポートをご用意しています。他のソフトウェアからプリントする必要はありません。

利点

Benefits

  • どんなデザインプラットフォーム(PC、Mac、Linux)からでも、標準のデザインファイル交換フォーマットがインポートできます。
  • ベクトル加工品質の向上を提供
  • *STLおよびG-コードインポートは、ULTRAプラットフォームとXLSプラットフォームでのみ互換性があります。
ULTRAレーザーシステムマネージャー

統合されたプラットフォーム間の制御とユーザーインターフェイスソフトウェアはWindows™/macOS™/Linux™/Android™/iOS™オペレーティングシステム(ブラウザベース)をサポートします。これにより、デザインファイルを素早く自信を持って作成および管理し、レーザー材料加工設定をプログラムすることができる一連のツールにアクセスできます。

Benefits

  • デザインファイルの保管と管理
  • DXFやPDFフォーマットなどの一般的なフォーマットからのデザインファイルのインポート
  • 再配置および複製機能を含むデザインファイルの修正
  • システムに現在インストールされているレーザー出力と波長を考慮に入れて、豊富な選択肢の互換性のある材料の最適な加工設定を計算するインテリジェント材料データベース
  • 切断加工のためのベクトル分類と切断面補正
  • キャリブレーション、設定および診断機能
価値あるインテリジェント材料データベースの購読

この強化されたデータベース購読は、インテリジェント材料データベースと連携し、多くの追加材料(主に工業用)の設定を提供します。インテリジェント材料データベースと関連する材料ベースのプリンタードライバーは、多くの追加材料(主に工業用)のパワー、速度、パルス/インチ、その他のシステム設定に対する自動または手動のコントロールを選択できます。

利点

Benefits

  • 拡大を続ける、このレーザー加工可能材料のデータベースにより、ユーザーは最適な仕上がりを達成し、新しい材料を加工するための習熟のスピードが劇的に向上します。
  • 必要に応じて、レーザー加工のパラメーターを限られた範囲内で制御できます。
インテリジェント材料データベース

また、数百種類の材料に施されるレーザー加工に最適な設定値を算出するインテリジェント材料データベースもご利用いただけます。

利点

Benefits

  • 拡大を続ける、このレーザー加工可能材料のデータベースにより、ユーザーは最適な仕上がりを達成し、新しい材料を加工するための習熟のスピードが劇的に向上します。
  • 必要に応じて、レーザー加工のパラメーターを限られた範囲内で制御できます。
火災検知と発火抑止のサポート

この機能は、レーザー材料加工エリアの過熱時を検出し、レーザー加工を停止し、警告音を鳴らすことによって、レーザー加工中のレーザーシステムを損傷から保護します。さらに、この機能は、取り付けられている場合、レーザー加工されている材料に発火抑止剤を吹きかけることができるオプションの発火抑止モジュールをサポートします。

オプションのアクセサリー

ellipse光学系ellipse
1X/13X選択可能なレーザー出力密度光学アセンブリ

キャリッジ内の独自の光学アセンブリにより、キャリッジの底部から固定された50mmの作動距離が得られ、ユーザーは出力密度を選択できます。

ellipseガスアシストellipse
側部ガスアシストアタッチメント

側部ガスアシストアタッチメントは、材料表面に沿って、様々な角度から直接エアを導きます。これは、理想的な加工のために彫刻から破片を除去できるラスター彫刻アプリケーションに特に役立ちます。

利点

Benefits

  • レーザー材料加工の向上
  • システムの安全性の向上
  • メンテナンスの軽減
圧縮エア発生装置

ユニバーサルは、オプティクス保護とガスアシストコンポーネントの両方に最適に調整されたクリーンで乾燥していて油分がないエアを送る、圧縮エアソリューションを提供します。

ellipse安全性および設備ellipse
発火抑止

このモジュールは、加工エリア内で高温が検出された場合にレーザー加工される材料上に自動的に吹き付けることができる加圧型発火抑止剤を提供します。
プライマリタンクが使用されていて交換が必要な場合は、継続的な保護を提供するためにバックアップタンクが存在します。

ellipseエアフィルターシステムと取り扱いellipse
UAC空気清浄機

このオプションの空気清浄機は、レーザーシステムに接続して、レーザー加工の副生成物(微粒子や煙)を加工エリアから排出することができます。この空気清浄機は、特許取得済みのデュアル活性炭フィルターを含む4段階のフィルタープロセスを使用して、排気から微粒子と煙霧を除去します。UAC空気清浄機は排気流を制御し、ユーザーにろ材の状態を伝えます。

排気装置

これは、処理中の材料の表面に堆積する前に、レーザー材料加工の副生成物をより効果的に捕集するためにビーム伝達系のアームに取り付けられる排気マニホールドです。このオプションは、大量の材料の除去を含む加工や、サイドパネルを取り外してクラス4モードで動作させる場合に必要な保守を軽減し、レーザーシステムの信頼性を向上させます。

ellipse材料の取り扱いellipse
クラス4変換モジュール(パススルーを有効化)

特許を取得済みのクラス4変換モジュールを使用すると、ユニバーサルのレーザーシステムのクラス1操作とクラス4操作を、素早く簡単に切り替えることができます。これにより、ユーザーは、レーザーシステム内に超過サイズの対象物を設置することができ、レーザーシステムを介して材料の巻物またはコンベヤーシステムのような連続対象物を通過させることができます。

利点

Benefits

  • 材料取り扱いの柔軟性と生産性の向上
  • 安全性の向上と負担の軽減
  • CDRHおよび国際クラス4レーザー安全要件を満たすためにプラットフォームを変換
ピンテーブル構成用の昇降ピン

後方反射を減らすために、硬い材料を材料支持面テーブルの上に持ち上げるためのアルミニウムピン。

真空テーブル構成用タイル(圧縮カーボンまたは穴あきアルミニウム)

薄い柔軟な材料用の真空テーブル面を作成するための多孔質カーボンタイルと穴あきアルミニウムタイル(305 x 305 mm)。多孔質カーボンタイルは後方反射を減らすこともできます。

真空テーブル励起

多機能テーブル上の材料の完全真空押し下げ用の専用ポンプ。

回転冶具

このオプションの治具は、ビーム送達システムの下で円柱状の材料または部品を支持し回転させて、これらの種類の材料または部品をレーザー加工することを可能にします。この治具は傾斜した円錐形の材料を支持するために傾斜させることもできます。

ellipse生産性エンハンサーellipse
SuperSpeed™

このオプションは、ビームを2つのCO2レーザーから分離し、ビーム伝達系を通過するたびに2つのラスターラインを生成することで、ラスター加工のスループットを向上させます。SuperSpeedを使用すると、ビームの伝達距離が増えても摩耗することなく、ラスターのスループットを向上させることができます。加工速度が低いと材料表面上のレーザー出力密度を増加させるので、レーザー加工結果も向上します。SuperSpeedは同じピーク出力と波長の2つのCO2レーザーを必要とします。

プラットフォームの特長


デュアルループエンコーディングによる高性能サーボ駆動ビーム伝達系

オートフォーカスタッチプローブによる高精度フォーカス

最大3つのレーザーをサポート – 交換可能な2つのCO2レーザーと1つのファイバーレーザー

厚さ51 mmまでの材料のX-Yビーム伝達ベースのフォーカスを備えた固定Z軸または厚さ305 mmまでの材料のX-Yビーム伝達ベースのフォーカスを備えた電動Z軸

選択可能なレーザー出力密度

材料衝突検出機能付きコンピューター制御ガスアシスト

光学系保護

カメラ登録

オートメーションインターフェイス

多機能対応材料テーブル

533 mmタッチスクリーン操作パネル

火災検知

発火抑止に対応

クラス4変換のサポート

レーザーの特徴


空冷レーザー光源

当社のレーザー光源は空冷であるため、複雑な水冷システムが不要です。

高信頼性、優れたパワー安定性

当社のレーザー光源は、予測可能な、優れた加工結果をもたらすための、一貫した出力を提供します。

レーザーファンコントロール(ノイズ削減用)

ユニバーサルのレーザーは、コンピューター制御されたファン部よってすべて空冷されています。レーザー温度によってファンの速度が変化し、レーザーが低出力設定で使用されている場合は騒音レベルが下がります。

レーザーポインター

材料の位置合わせが簡単にできるように、赤のレーザーポインターがインストールされています。

特許を有するクロスプラットフォームの互換性

レーザー光源はレーザープラットフォーム間で自由に交換することができます。

特許を有する自由空間ガススラブレーザーデザイン

特許を有するレーザー光源は自由空間ガススラブ共振器を使用しているため、均一な出力配分と、優れた近視野特性および遠視野特性により、高品質のビームを得ることができます。

特許取得済みのプレアライメントレーザー光源

レーザー光源は工場で既に位置合わせしてあるので、再度内部を位置合わせする必要がありません。

スマートレーザー光源技術

自社でレーザーを製造しているため、ユニバーサルのレーザーシステムのCPUにレーザーのモデル番号を伝達し、レーザーシステムが使用可能なレーザー出力に基づいて、材料に最適な設定を自動的に選択することが可能です。

最長5年間保証

弊社の標準保証は、最長5年間まで延長可能です。

豊富な選択肢の出力レベル

レーザーは、10から150ワットの間の出力レベルで提供されています。