learn-portal-学ぶ
explore-portal-検す
evaluate-portal-検証
discover-portal-発見
build-portal-構築する
consider-portal-ご検討ください

XLS10MWH

  • XLS10MWHプラットフォーム
  • XLS10MWHプラットフォーム
  • XLS10MWHプラットフォーム
  • XLS10MWHプラットフォーム
XLS10MWHの仕様

XLS10MWHの仕様

プラットフォームの概要

XLS10MWHは、最新の高性能レーザー加工ソリューションで構成されています。最速の加速度と速度、さらに最高度の精密度を誇ります。新しいLaser System Manager™は、R&Dから製造までのあらゆる環境において、ユーザーに最高の利便性を提供するコントロールおよび管理ソフトウエアです。XLSは、UAC 4000エアクリーナーや火災鎮圧ユニットを含む新たな産業用各種アクセサリーにより、卓越したトータル ソリューション パッケージとなりました。

ユニバーサルのRapid Reconfiguration技術により、以下のどのレーザーでもご使用いただけるようになりました:10.6u CO2レーザー(10~75ワット、総パワー最大150ワット)2台;9.3u CO2レーザー(30、50または75ワット、総パワー最大150ワット)2台;10.6u CO2レーザー(10~75ワットまで可能)1台と9.3u CO2レーザー(30、50または75ワット)1台。1.06uのファイバーレーザー(40と50ワット)1台も使用可能です。

プラットフォーム仕様

XLS10MWH
ワークエリア(W x H)1016×610mm
最大収容可能サイズ(W x H x D)レーザープラットフォーム筺体内部:
1550×838×304mm

クラス4パススルーモード使用時:
∞×838×304mm
本体サイズ(W x H x D)1758×1550×1372mm
使用可能な集光レンズ50mm
75mm
HPDFO™(ハイパワー高密度集積レンズ)
コンピューター要件Windows® 7/8/10 32/64ビットを搭載し、USBポート(2.0以上)ひとつを持つ専属PCが必要
レーザー出力サポートするレーザー構成
複数台:(1)台のファイバーレーザーと最大(2)台のCO2レーザー

サポートされているレーザーパワー範囲
CO2(10.6μ)10~150W
CO2 (9.3μ):30、50および75W
ファイバー(1.06μ):40および50ワット
重量約386kg(レーザーを除く)
電力要件デュアルレセプタクル 220V-240V AC、30A、50/60Hz
排気要件外部排気またはエアクリーナーが必要(仕様については工場にお問い合わせください)
レーザーの安全性CO2 レーザー:クラス1
ダイオードポインター:
クラス4パススルーモード:クラス4(オプションモジュール要)
対応材料最大36kgの引上げ機能

付属アクセサリー

オプションのアクセサリー

プラットフォームの特長


レーザーの特徴