ラスター性能比較テスト

ラスターモードとも呼ばれるラスター性能は、主に彫刻とフォトイメージングに使用されます。この試験では、ひとつのグラフィックエレメントを使用してラスター性能を比較。同等かつ許容可能な出力品質を達成しながら、製造時間を最小限に抑えるために、各レーザーシステムを設定しました。



PLS6.150D(ULS)は、2台の30ワットCO210.6µm レーザーで合計60ワットの総合レーザーパワーとSuperSpeed™で構成。競合E社は単体で75ワットCO210.6μmレーザーで構成、競合T社は単体で75ワット CO210.6μmレーザーで構成。



品質は、レーザーシステムで製作されたサンプルの視覚的外観とエッジの滑らかさで判断しました。この試験に用いた素材は、610mm×305mmの白色コアを持つ黒い微細表面プラスチックシートです。



Figure 1: 2.5
図1:64mm×69mm Arial A

結果

デザインファイルユニバーサルランクシステムEランクシステムTランク
グラフィック要素A1:49 1位3:342位4:293位
相対完了時間1:001:972:47

比較テスト動画

結論

SuperSpeedを搭載したPLS6.150Dは、システムEとシステムTの性能上回ります。 SuperSpeedがどのように業界最速のレーザー彫刻とマーキングを実現するかをご覧ください。