learn-portal-学ぶ
explore-portal-検す
evaluate-portal-検証
discover-portal-active-発見
build-portal-構築する
consider-portal-ご検討ください

発見

ユニバーサルによる革新

発火抑止

特定の悪条件下では、レーザー処理された材料が発火して燃え続けたりする可能性があり、レーザーカッター、彫刻機、マーカーとその周辺の設備に損害を与える場合があります。これにより、近くにいる作業員の安全を脅かす可能性があります。この状況を防ぐ第一の手段は、レーザーシステムの使用中はオペレーターが常にレーザーシステムを監視することです。監視を強化するものとして、ユニバーサルでは、発火抑止オプション(XLSレーザーシステムで使用可能)を開発しました。これにより、レーザーシステムとその周辺設備に対する潜在的な損害を軽減することができます。発火抑止モジュールは、自燃が検出されると、発火抑制剤をワークエリアに吹きかけます。この火災予防オプションバックアップシステムには、以下の利点があります。

  • 操作の安全性の向上
    オペレーターによる監視の冗長バックアップを提供します。
  • 信頼性の向上
    監視を怠ったことによる資産への損害を軽減または防止します。
  • 投資利益率の向上
    監視を怠ったことによる発火が原因の損害によって生じる高額なダウンタイムを防ぎます。

発火抑止モジュールの仕組み

監視を怠ったことにより、レーザーシステムで持続的な燃焼が発生した場合に備えて、レーザーシステムの材料加工空間には、高温に対処するために2つの冗長熱スイッチセットが戦略的に配置されています。最初のセットは、一定の温度になるとトリガされてレーザー加工を停止し、警告音を鳴らしてオペレーターに状況に対応するよう警告します。オペレーターが時間内に対応しない場合は、2番目の熱スイッチセットが、最初のセットでトリガされた温度より少し高い温度でトリガされるように設定されます。このスイッチは、加工エリアに発火抑制剤を噴射するバルブを作動させて消火します。発火抑制剤は、噴射後に蒸発して、清掃が必要な残留物を残さないように作られています。この発火抑制剤は環境に優しく、世界中で認可されています。

発火-抑止-xls

XLSの抑制展開パスの図

操作の安全性の向上

レーザー加工中の持続的な燃焼を防止するための最初の防御策は、オペレーターが常にレーザー加工を注意深く監視することです。しかし、監視を怠った場合の二次手段として、発火抑止システムは高価な資産や周辺設備への損害を軽減または防止することにより、リスクを減らして全体的な安全性を向上させることができます。この冗長性は、燃えやすい材料を加工する場合や操作ミスが起こりやすい場合(レーザー加工設定が適切に構成されていない、ガスアシストが適切に設定されていない、レーザーの最終焦点が適切に設定されていないなど)に特に有効です。

信頼性の向上

発火抑止モジュールを追加することで、レーザーシステムの全体的な信頼性が向上します。監視を怠った場合の二次手段として、発火抑止モジュールは、持続的な燃焼を防ぐことで、レーザーシステムと周辺設備への損害と、その結果生じる修理と生産性の損失による高額なダウンタイムを避けることができます。その他の安全対策として、複数のセンサーによってユニット内の発火抑制剤のレベルを監視し、レーザーシステムに通知します。タンクが空で交換が必要なことをセンサーが検知した場合は、センサーによってレーザー加工が停止し、オペレーターに警告が通知されます。プライマリータンクが使用されたときにオペレーターがセカンドタンクに切り替えられるように、各発火抑止ユニットにはバックアップタンクが装備されています。このため、交換用タンクが届くまでの間もレーザー加工を継続することができます。

投資利益率の向上

ユニバーサルのレーザーカッター、彫刻機、およびマーカーは、筐体に堅牢な材料を使用して安全ガラスのビューイングポートをラミネート加工することで、持続的な燃焼を長時間封じ込められるように設計されていますが、点検せずに長期間放置した場合は、周辺設備に損害が及び、高額な修理や遅延が生じる可能性があります。危険であるだけでなく、このような修理や遅延によってダウンタイムが長期化し、生産性が低下する可能性があります。発火抑止ユニットは、こうしたコストのかかる中断を防いで生産性を維持することができるため、投資利益率が向上します。