learn-portal-active-学ぶ
explore-portal-検す
evaluate-portal-検証
discover-portal-発見
build-portal-構築する
consider-portal-ご検討ください

学ぶ

レーザー技術の基礎

レーザーマーキング

レーザーマーキングには、2つのタイプがあります。レーザーマーキングは、素材を除去して深さ(レーザー深彫りマーキング)を作る、または素材表面の色、コントラストあるいは反射率(レーザー表面マーキング)を変える加工をおこないます。一般的に、レーザーマーキングでは、バーコード、日付/ロットコード、製造番号または部品番号のような、人や機械が判別する識別情報を素材上に作成します。ロゴ、図、イラスト、写真などのその他の情報も素材にマーキングすることができます。(下図1を参照。)

レーザーマーキングはほとんどの素材で可能ですが、その仕上がりは使用するレーザー波長によって異なります。

10.6ミクロンと9.3ミクロンのCO2レーザーは、深さのある非金属素材のマーキングと、一部の金属の表面マーキングに使用されます。波長1.06ミクロンのファイバーレーザーは、多くの材料の表面マーキング、金属の表面または浅彫りマーキングに使用されます。レーザー深彫りマーキングはレーザー彫刻とも呼ばれます。

レーザー技術がレーザーカッターまたはレーザー彫刻機としてどのように機能するか、詳細をご覧ください。