learn-portal-active-学ぶ
explore-portal-検す
evaluate-portal-検証
discover-portal-発見
build-portal-構築する
consider-portal-ご検討ください

学ぶ

レーザー技術の基礎

レーザー彫刻

レーザー彫刻とは、素材を表面から既定の深さまで除去することです。(下図1を参照。)

素材の種類とレーザー出力レベルによって、彫刻の最大深さと速度が決まります。通常、浅彫り彫刻は、深彫り彫刻よりも速いプロセスです。さらに、低密度の素材では、高密度の素材よりも速く彫刻することが可能です。通常、レーザー出力レベルを上げると、レーザー彫刻の速度が向上します。波長10.6ミクロンの


CO2レーザーは、主に非金属素材の彫刻での素材除去に使用されます。


CO2レーザーは、レーザーエネルギーの大部分が金属で反射されてしまうため、金属彫刻には通常使用されません。しかしながら、波長1.06ミクロンのファイバーレーザーは、金属の浅堀彫刻に使用できます。


レーザー技術が、どのようにレーザーカッター、レーザー彫刻機、レーザーマーカーとして機能するかについての詳細をご覧ください。